結婚指輪と婚約指輪

結婚指輪と婚約指輪の違いとは?

彼にプロポーズをされた!嬉しくて幸せで気分は最高潮ですよね。婚約指輪ももらえたし、指にはまっているキラキラしたものが自分たちの幸せの象徴だと思うと、ついつい指輪を見てしまうという人もいるでしょう。けれど、彼からもらったこの婚約指輪はどのくらいだろう?そもそも結婚指輪もはめるのに、どうして婚約指輪まで?
婚約指輪は、「婚約の証」として男性から女性へ贈られる指輪です。一方、結婚指輪は「結婚の記念」として、ふたりで購入するものだといわれています。彼から指輪を贈られたけれど、自分の好みじゃない…。そんなことにならないために、彼と話をする機会を作ってきっぱりとふたりで選びにいきたいと伝える女性もいるようです。せっかくの婚約指輪、一生大事にしたいですよね。結婚指輪は結婚後も日常的に身に着けます。着け心地も重視して、ふたりで選んだというカップルがほとんどです。

それぞれの平均価格やデザイン

婚約指輪の平均価格は約35万円程度、結婚指輪の平均価格はペアで約24万程度だといいます。婚約指輪には、一般的にダイヤモンドを飾るものが多く、そのため価格も結婚指輪よりも多少高額になるということです。婚約指輪の定番のデザインは、ダイヤモンドが1粒飾られている立て爪タイプといわれるものが多かったといいます。ただ、なかなか日常的では身につけにくいデザインということで、爪が高くないタイプのリングを選ぶカップルが増えています。
結婚指輪はシンプルで飾り気のないデザインが主流でしたが、女性用リングだけはメレダイヤモンドがあしらわれた華やかな雰囲気のものを選ぶカップルも多いようです。男性も小さなバゲットダイヤモンドといわれるものをあしらった指輪が人気だといいます。

結婚指輪を大阪で探すなら、多くの種類の指輪があって安心できるところがおすすめです。その上、日本の伝統技術でつくってくれるところがいいです。