結婚指輪の由来

結婚指輪のルーツは9世紀のローマ

婚約指輪を贈る慣習の歴史は非常に古く、古代ローマ時代にはあったとされていますが、結婚のときに指輪を交換する慣習はもっと後世になってからで、9世紀になってようやく生まれたといわれています。9世紀、ローマ教皇ニコラウス一世が、指輪が結婚の証拠になることを認めたのが、最初の結婚指輪だといわれています。1027年に記された、「結婚式では花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に銀の指輪を交換している」という記録が残っていて、これが結婚指輪の現代に残っている最古の記録となっています。 11世紀になると、ヨーロッパではキリスト教の教会での結婚式で指輪の交換を行うことが徐々に一般に広まっていき、13世紀になって一般の慣習として定着しました。

日本で結婚指輪が普及したのは明治時代

日本で結婚指輪が普及したのはかなり後世になってからで、明治時代に、キリスト教式の結婚式で結婚指輪の交換が行われるようになりました。明治の終わりごろには結婚指輪の広告記事も見られるようになり、大正時代になると結婚指輪の慣習はすっかり大衆に定着しました。

一方、婚約指輪の慣習が定着したのはもっと遅く、昭和30年代半ばの高度経済成長期に、それまであったダイヤモンドの輸入制限がなくなったのがきっかけだといわれています。

古代ギリシャでは左手薬指と心臓はつながっていると考えられていて、「お互いの心と心をつなぐ」という意味で左手薬指にリングがはめられるようになったといわれています。心と心をつなぐ結婚指輪。一生の宝物にしたいですね。

ダイヤの指輪は、見た目が美しいのはもちろん、フォーマルからカジュアルまで様々な服装に合わせやすく、婚約指輪の定番アイテムとなっています。