ゴールドの種類と特徴

ゴールドって他にどんなものがあるの?

ゴールドには金色の他にも主に3種類の色があります。
ピンクゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールドのカラーゴールドです。これらの色はゴールドに他の金属を混ぜることで作り出しています。
ピンクゴールドは金に銅を中心にプラス銀を混ぜたもの、イエローゴールドは金に銀を中心にプラス銅を混ぜたものです。含有量によってそれぞれも色味の濃淡が変化するのが特徴です。ホワイトゴールドは金に銀やパラジウムを混ぜることで白銀にみせているゴールドです。
ゴールドは柔らかく、傷がつきやすいというイメージがありますが、18Kであれば強度は問題ありません。また、カラーゴールドは他の金属も混ざっていることで素材が強化されています。

カラーゴールドの魅力

どんなカラーゴールドを選んだらいいのか迷う。そんな方のためにそれぞれの色の特徴・魅力を見てみましょう。主に日本人の肌に馴染むと言われているのが、ピンクゴールドとイエローゴールドです。色白の方であればホワイトゴールドが馴染みます。
また、ピンクゴールドは「可愛らしい」印象を与え、肌をきれいに見せてくれます。イエローゴールドは指先を華やかにし、コーディネート面で優れています。ホワイトゴールドは男性でもつけやすく、歳を重ねても合うシンプルで落ち着いた印象となっています。
どの色が良いのかは一度身につけてみて、肌馴染みの良いもの、普段のコーディネートに合わせやすいもの、一番しっくりくるものを体感してみると良いかもしれませんね。

ブライダルリング」とは、結婚の際に準備する指輪のことで、婚約のときに必要な「婚約指輪」と、結婚後に常に身に付ける「結婚指輪」の2種類があります。どちらもふたりの永遠の愛の証となる、大切な指輪です。